Notice: register_sidebar_widget の使用はバージョン 2.8 から非推奨になっています! 代わりに wp_register_sidebar_widget() を使ってください。 in /virtual/ngrpk/public_html/wp-includes/functions.php on line 3382
History of Parkour - NaGaRe

History of Parkour

序章

すべての発祥はパリ郊外、リース(Lisses)の少年たちの遊びから生まれた。自由に跳び、走り回り、壁をよじ登る。子供なら誰でもするような、他愛もないゲームであった。しかし、少年たちは大きくなってもそのゲームを続けていく。これが後のパルクール(Parkour)、フリーランニング(Free running)、l’Art du Deplacement[略:ADD](英:The Art of Movement)などに発展していく。

Yamakasi

リンガラ語圏 地図少年たちはやがてヤマカシ(Yamakasi)というグループを結成する。ヤマカシとはコンゴ(旧ザイール)の方言、リンガラ語の言葉で「強い精神、強い男、強い肉体」を表す。結成当時のヤマカシのメンバーは9人。

  • David Bell(ダビッド・ベル)
  • Sebastien Foucan(セバスチャン・フォーカン)
  • Chau Bell Dinh(チョウ・ベル・ディン):ベトナム出身
  • Williams Belle(ウイリアムス・ベル):ベトナム出身
  • Yann Hnautra(ヤン・ノウトゥラ):カレドニア人
  • Laurent Piemontesi(ロラン・ピエモンテージ):仏伊のハーフ
  • Guylain N’Guba-Boyeke(ギレン・ヌグバ=ボイェケ):コンゴ(旧ザイール)人
  • Malik Diouf(マリク・ディウフ):セネガル人
  • Charles Perriere(シャルル・ペリエール):中央アフリカ人

彼らは成長するにしたがいますますそのレベルを上げ、「l’Art du Deplacement(以下ADD)」というスポーツを作り上げていく。しかし、ダビット・ベルとセバスチャン・フォーカンはヤマカシから離れる。そしてGeorge Hébert(ジョルジュ・エベル)によって生み出されたトレーニング方法の「Parcours du combattant」を基にして、「Parkour(パルクール)」を創り上げる。パルクールの誕生にはダビット・ベルの父親である軍人・消防士のRaymond Belle(レイモンド・ベル)も大きく影響している。

その後、ダビット・ベルとセバスチャン・フォーカンの元にSteve ‘Kazuma’ Rognoni(カズマ・ロニョーニ)、Jérôme Ben Aoues(ジェローム・ベン)、Johann Vigroux(ヨハン・ヴィグロウ)、Stephane Vigroux(ステファン・ヴィグロウ)などの仏リースのトレーサーが集まってくる。やがて、セバスチャン・フォーカンはダビット・ベルから離れブルース・リーの截拳道(ジ―クンドー)の武道精神とより自由な動きの概念を組み合わせた「Free running(フリーランニング)」を創りあげる。

イギリス

イギリスでは2002年4月にダビット・ベルが出演したBBCのテレビCM「Rush Hour」が放送され、さらに2003年9月にはセバスチャン・フォーカンが出演したフリーランニングを題材とするドキュメンタリー「Jump London」が放送される。

インターネット上のウェブサイトを媒体にいたるところでパルクールとフリーランニングのコミュニティが出来上がっていく。その中で有名なのは「Urban Freeflow®」(アーバン・フリーフロウ)と「3RUN」(スリーラン)である。共に現在もパルクール・フリーランニングシーンを引っ張っており、世界トップの団体ともいえる。2005年にはJump Londonに続き二作目のパルクールのドキュメンタリー番組、「Jump Britain」が放送され、その人気はますます加速していく。映画、プロモーションビデオ、TVコマーシャルなどの様々な場所でパルクール・フリーランニングのアクションが起用されるようになる。

そんな中、Urban FreeflowのDan Edwardes(ダン・エドワード)とFrancois ‘Forrest’ Mahop(フランソワ・フォレスト・マオ)はUrban Freeflowを抜け、ステファン・ヴィグロウと共に「Parkour Generations™」(パルクール・ジェネレーションズ)という映画やテレビCMなどの商業的な活動から少し距離をおいた、新たな組織を設立。パルクールにおけるトレーニングの重要性を説き、パルクールを通じた社会貢献などを積極的に行っている。

現在

インターネットを中心にして、世界中にパルクール・フリーランニングが広まっている。各国で代表的な組織や団体が生まれており、積極的な交流が持たれている。

現在、ヤマカシたちは解散状態にある。チョウ、ウイリアム、ロラン、ヤンは活動を続けて、「Majestic Force」(マジェスティック・フォース)というチームを結成する。Majestic ForceはADDを教える学校を作り上げる。「ADD Academy」だ。Majestic ForceはParkour Generationsと共にトレーニングをし、積極的にスポーツの普及に努めている。なお、マリクとシャルルは「Gravity Style」(グラビティ・スタイル)というチームを新たに作り上げ、映像関連での活動に力を入れている。ギレンもMajestic Forceとして活動を続けている。ダビット・ベルは映画やCMなどに積極的に出演している。セバスチャン・フォーカンも同様に映画出演やスポーツの普及に力を入れている。

日本

日本では2001年9月22日に映画「ヤマカシ」が公開され、2002年から2003年にかけ、競技を行う人たちがごく少数ながらに増えていく。また、いくつかのテレビ番組でパルクール・フリーランニングが紹介されるに従い、その数がゆっくりとだが確実に増えていった。現在日本では各地で小規模ながらも練習会やイベントが開かれ、日本のメディアもパルクール・フリーランニングに注目しはじめている。

この記事は2010.10.11現在の情報をもとに作成しています