Notice: register_sidebar_widget の使用はバージョン 2.8 から非推奨になっています! 代わりに wp_register_sidebar_widget() を使ってください。 in /virtual/ngrpk/public_html/wp-includes/functions.php on line 3382
シューズについて - NaGaRe

シューズについて

良いシューズを選べば、レベルアップ、怪我防止に繋がり、楽しいパルクールライフを送ることが出来る。しかし、世の中には様々な種類のシューズがあり、どれを選べば良いか迷ってしまう。このページではPK/FRのシューズを選ぶときの参考になるようなことをまとめてみた。

目次

  1. 足に合うシューズを選ぶために必要なこと
  2. シューズの種類
  3. シューズのサポート用品について

1.足に合うシューズを選ぶために必要なこと

どんなに性能の良いシューズでも、それが足に合わなければ、その性能は発揮できないどころか、怪我や故障に繋がってしまう。シューズを選ぶときは必ずフィッティング(試し履き)しよう!

足のサイズを知る

縦の長さ、足幅を知ろう。縦の長さ(実寸)の+0.5cm~1cmかシューズのサイズになる。お店によっては足の大きさを測ってくれるところもある。ぜひ利用しよう。

足幅のポイント

同じメーカーでも各モデルごとに足型は微妙に異なっている。横幅はナロー(E)、ノーマル(2E)、ワイド(3E)、スーパーワイド(4E)となっている。同じ数字でもメーカーによって幅が異なる。モデルによって違いがあるので一慨には言えないが、アシックス、ミズノ、ニューバランスが幅広に作られている。アディダス、プーマは細身。ナイキは中間のモデルが多い。

試着

人間の足は夕方に大きくなる傾向があるので、シューズを買うときは夕方か、自分がよく動く時間帯に合わせて選ぶと良い。また、試着は必ず両足で立った状態でしよう。座ったままだと足に体重が乗ってないので、正しいフィッティングはできない。踵をしっかりと合わせて、つま先が0.5~1cm程度空いているのが良い。

フィットさせる方法

足の甲の高さは靴紐を緩めることでフィットさせることができる。同様に足幅がキツイと感じた場合、靴紐を全部取って、緩くもう一度付け直せば、少しだけ幅が広くなる。インソールでサイズを調整するのはお勧めできない。なぜなら、インソールで足が本来当たるべき部分がずれてしまうのでシューズの性能を発揮できなくなる可能性が出てくるからである。

2.シューズの種類

ランニングシューズ、サッカーシューズ、野球シューズとシューズには様々な種類が存在する。どれがPK/FRに合うのか解説していきたい。

ランニングシューズ

ランニングシューズには何種類かに分けられる。見分けるポイントは靴底の厚さである。

  1. 靴底が厚い~クッション性のあるビキナーランナー向けのシューズ
  2. 靴底が薄い~レーサー向けのシューズ。靴底がブツブツとしていて凹凸の激しい。グリップ力は高いが、耐久性がない。
  3. (1.)と(2.)の中間の厚さ~トレーニングとレースの兼用モデル。

ランニングシューズはメッシュと人工皮革で作られている。パルクールにおいては最もよく使われているタイプだ。選ぶポイントとして、「プラスチックのプレートがないもの」ということと、「足の下横部分が皮になっている」ということを意識しよう。なぜなら、靴裏の中間にプラスチックのプレートがむき出しになっているシューズは本来プレートの反発力で走りやすくするためについてある。しかし、プレジションなどの動作のときにこのプレートの部分で着地してしまうと滑って非常に危険である。特に初心者にはお勧めできない。また、足の下横部分はロールする際に地面と接触する箇所である。ここが薄いメッシュだと破けやすくなる。よってこの部分は皮もしくは厚いメッシュが良い。

近年の傾向として靴底の柔らかいカジュアルシューズを使う人が増えている。

バスケットシューズ

バスケットシューズはソールが硬いものが多く、ハイカットなのが特徴。踏み込んだときにソールの復元力で走り出しやすい作りになっている。基本的にインドアで使用することを前提しているために、外での使用はソールの劣化や滑りを引き起こしやすいかもしれない。またバスケットシューズは短距離のダッシュや左右の動きを考慮して作られているのでパルクールのランに近いものがある。

フットサルシューズ

フットサルは足裏を使うスポーツであるため、フットサルシューズは足裏の感覚を重要視する人に向いている。クッションはほとんどないために中級者~上級者にお勧めである。フィット感や軽さは一番良いと思われる。なお、ここで言うフットサルシューズはインドアモデルのシューズである(靴底が茶色系のゴムタイプ)このタイプも外での使用はソールの劣化や滑りを引き起こしやすいかもしれない。濡れると場所によっては極端に滑りやすくなる。

テニスシューズ

バスケットシューズと似ているが、靴裏がアウトドア仕様になっているのが特徴。オールコート用のシューズとオムニ用のシューズの2種類がある。オールコート用は靴裏の耐久性が高く、オムニ用はグリップ力が高い。

パルクール・フリーランニングシューズ

モデルは少ないが、PK/FR専用のシューズが存在している。それぞれのモデルに特徴がある。まず靴裏がフラット状態で削れる心配がない。そして、つま先のクッション性が高い。地方だと入手が困難なモデルが多い。

3.シューズのサポート用品について

シューズの性能をより引き出してくれるアクセサリーについて解説します。

靴紐(シューレース)

靴紐にはおおまかに分けて2種類あります。

  • 平紐~平たい形の靴紐。少し結びにくいが、ほどけにくい。
  • 丸紐~丸い形の靴紐。結びやすいが、ほどけやすい。

好みもありますが、平紐のほうがしっかりと結べるのでお勧めです。ただし、薄い平紐だと結びが緩くなるのが欠点。

インソール

インソールは種類も豊富で、値段も様々なものがあります。おおまかに分けると、柔らかいタイプと固いタイプがあります。柔らかいタイプは足の柔軟に動かすことをサポートしてくれます。固いタイプは土踏まずや踵を固定して、足に安定した動きをもたらしてくれます。インソールはシューズをしっかり履かないと効果が発揮されません。靴に踵をあわせて、靴紐をしっかりと結んでから、インソールを使いましょう。