Notice: register_sidebar_widget の使用はバージョン 2.8 から非推奨になっています! 代わりに wp_register_sidebar_widget() を使ってください。 in /virtual/ngrpk/public_html/wp-includes/functions.php on line 3382
パルクール入門 - NaGaRe

パルクール入門

走る、跳ぶ、登るなどの動きを通じて自分を鍛えるスポーツと言われても少しイメージしにくいですよね。
簡単に言うと「日常生活で使うような基本動作の延長線で心身を鍛えよう」ということです。
「日常生活で壁なんか登るか!」と思う人もいることでしょう。ではこれならどうでしょうか。
「最近運動不足だし、いつもはエスカレーター使ってるけど今日は階段登って行くか」
これも立派なパルクール。ならば「普段は階段使ってるけど今日は壁を登って行くか」も
いわば「登る」という日常で使われる基本的動作の延長線といえませんか?

パルクールはこういった動作を効率化していく中で身体や精神を鍛えることを目的としています。

フランス生まれのパルクール。そのルーツはアフリカのある民族までさかのぼります。
自然の中に住んでいるその民族は、かつて人間が猿として木の上で生活していた時と同じように、とても身軽で丈夫な体を持っていました。
その野生の動物のような動きを見たフランスの元海軍将校はとても関心を持ち、自国の学校の体育授業でその動きや考え方を取り入れ「メソッドナチュラル」と名づけました。
メソッドナチュラルはたちまちフランス中に広まり、軍事教育に取り入れられ、やがて子どもたちの「遊び」そして「スポーツ」としてパルクールという名で普及しました。

結論から言うと危なくありません危険度やケガ率は他のスポーツと大差ないと思います。
それでもパルクールと聞けば、ビルからビルに跳び移ったり私有地に入ったり、アクロバティックな動きをしたり…どっちの意味でも”危ない”イメージを持つ人は多いと思います。
それらをパルクールかといえばあながち間違いではありません。
しかしそれが認められるのはその場所の管理者に許可を得て、なおかつそのプレイヤーが「出来る」と確信を持っておこなっているという場合に限られます。
パルクールは身体だけではなく精神的な鍛錬をする上で「モラルに反することはしない・恐怖心を段階的に克服していく」ということも定義の1つ。
私有地に不法侵入するばかりか、度胸試しで危険行為をするのはパルクールどころか犯罪行為に他なりません。

一見危険が伴う動き、いわゆるビッグジャンプをしているプレイヤーも、当人は「絶対出来る」「失敗してもリカバリーできる」という確信を普段のトレーニングから得て、その自信が恐怖心に打ち勝って初めて行います。
それは他のスポーツにしても同じことで、野球で初心者がいきなり160km/hの豪速球にバントを当てに行くのは誰が見ても無謀ですよね。
ビルの間隔が1.5mなら、まずは地上で1.5mのジャンプを100回やって100回ぴったり着地をする、今度はそれを少し高い所でする、そうやってどんどん自分の限界を引き上げていくこともまたパルクールなのです。


フランス語であるパルクール(parkour)を意味する英語。要するに呼称が違うだけで、同じスポーツです。


パルクールは特別な道具を必要としません。なので最初は動きやすいジャージやスウェット、運動靴ではじめてみましょう。
いよいよ外へ!…しかし一人では周りの目が気になったり、動画投稿サイトに出回っているパルクールの映像は難易度が高く入門者には参考にならないかもしれません。そのような場合、まず各地域で行われている最寄のパルクール練習会や教室に参加してみましょう。その多くは参加申込が必要なく無料で開催されており、プレイヤー同士の繋がりを築いたり基礎を教わるにはうってつけです。また、住んでいる地域からは遠く、とても参加できないという人の為にNaGaReではYoutubeアカウントにおいて映像教材を公開しています。是非ご利用ください。

[child-pages depth="1"]