安全について

パルクールのトレーニングで最も大切なことは、安全性の確保です。他の鍛錬やスポーツと同様に、パルクールにも危険が伴ないます。ケガをすると楽しくないだけでなく、トレーニングの進捗を著しく妨げることになります。

安全にトレーニングするための5つの注意点

1.急ぎすぎず、やりすぎないこと

パルクールに必要なレベルにまで身体が強くなり、基本的な動作を含め動きを正確にできるようになるまでには、時間がかかります。自分のレベルに見合った技をすることを見極めましょう。

2. まず身体を鍛える

身体に負担をかける動きを試す前に、必要となる筋肉や腱などを強くすることが非常に大切です。動きのスキルを磨くのと同じくらい、体調を調え、体の機能を強化することを第一にしてください。

3. 最初は地面で

技やトレーニングは、最初は地面で行なうべきです。地面でスキルを磨き、スキルと自信がついてから、少しだけ高い所で試みるようにしましょう。

4. 練習する場所を事前にチェックすること

表面が頑丈で、壊れておらず、試そうとしている動作に適切な握り方ができることを確認して下さい。床をよく見て、障害物や危険な物、人通りが無いことを確認してください。

5. 適切なアドバイスを求めること

資格がある指導者か経験の豊富な熟練者を見つけ、パルクールを始める時に指導をしてもらって下さい。そうすることによって、トレーニングの初期段階で犯しがちな数多くの不必要な誤りを避けることができ、最初から効率的で効果的な練習ができます。学ぶべき人を見つける努力をすれば、それ以上の価値が得られます。