トレーニング

トレーニングは3種類あります。

  1. 筋肉トレーニング(筋トレ):~筋肥大、筋持久力などを鍛えるトレーニング
  2. 基礎トレーニング(基礎トレ):ベーシックムーブや動きの基礎的な部分を鍛えるトレーニング
  3. 技のトレーニング(技トレ):技術的な部分や流れるように移動するためのトレーニング

これらはそれぞれ独立して存在しているわけではなく、それぞれが重なり合いながら存在しています。例えば、プレシジョンは単体では基礎トレになりますが、連続してやると筋トレになり、移動の中で行えば技トレとなります。自分がやっているトレーニングがどのトレーニングになるのか意識しながらトレーニングしましょう。

またトレーニングの順番として、筋トレ→基礎トレ→技トレのようにすると、鍛えた筋肉をより実践的に使える筋肉に変えていくことが可能です。例えば腕立て→モンキーウォーク→ヴォルトみたいなことです。逆に技術を重点的に鍛える場合は、この逆の順番で行うと、体が疲れていない分、技トレに集中することができます。

意識

何のためにトレーニングを行うか。目的意識を持ちましょう。ただ、やらされている・やっているだけのトレーニングでは効果はなかなか上がりません。いまどの部分を鍛えていて、それがどんな風に役に立つのか、考えながらトレーニングをしましょう。また、回数は意識しないでください。フォームや鍛えている部分を意識してください。数をこなすことばかりに気を取られて、フォームが乱れると、トレーニングの効果が半減します。回数を上げるためにトレーニングしているわけではありません。より高く、より早く、より遠くに動くためにトレーニングしています。

継続

トレーニングは簡単なものでも良いので、とにかく継続して行うことが重要です。トレーニングの効果がはっきりと出るまで、2~3ヶ月はかかります。人によっては4~5ヶ月かかるかもしれません。人は飽きっぽい生き物なので、効果が出るまえに辞めてしまうかもしれません。大事なことは「あきらめない」ことです。非常にシンプルなことですが、これをやれるかやれないかでその人の実力が決まってしまいます。

回数、セット数、距離などは各自がキツイと感じるレベルにしてください。

トレーニングとは負荷をかけることです。なので、過度のトレーニングは体を壊す原因にもなります。休むこともトレーニングにとって重要な要素です。トレーニング後はストレッチやクールダウンをして回復に努めましょうまた、食事も体を作るうえで大事なことです。朝、昼、夜とバランスよくしっかり食べ、スナック菓子やファーストフードなどの食品は極力避けましょう。

トレーニングの一例

出演:カズヤ ミヤナガ